セックスは人生でも究極の経験だったと言えます

風俗や性の依存のデ

店に行けない理由は、当然、毎回ちゃんとした理由はないですよね。そのときは適当な感じ、嘘くさい感じにしてしまって構いません。むしろ、そういう感じがある程度相手に伝わった方が良いです。
「単にめんどくさいからじゃないのか」と相手に推測されるような感じで良いわけです。ただし行くのがめんどくさいとかストレートにメールしてはいけません。
「今、お金がちっと厳しいから……」最近ちょっと忙しいからあたりにしておけば良いでしょう。
※もし、電話でお店に来てよと言われてしまった場合、後で書きますが、1ヶ月経つ前前、告白につなげる前は、トリトリでも「今、お金がちょっと厳しいから……」最近ちょっと忙しいからとか言っておけば良いです。4.お店に行く意思についてこの方法では、なかなかお店に行かず、嬢をややイラつかせることが必要になります。イラつかせるためにはお店に行かず毎週連絡をするこれは絶対にするべきことですが、他に·たまに今後お店に行く気があることを伝えておくでも行かないこれもするとより効果的です.ただ、「お店に行かずに毎週連絡をする」だけでもイラつかせることはできるので、絶対にやれとは言いませんが、できたらこれもやっておいてください。それを伝える頻度は、まずは2週間に1度くらいにしておく。そして、それを段々減らしていくと良いです。また行くとたまに言っていたが、それも言わなくなり、世間話をするためだけにこちらから連絡をとるようになる。そうすると、相手がプライベートで誘ってくるのではないかと身構える、でもそこでは誘わない。また、今後行く気があることはメールで伝えた方が良いです。電話は世間話のみメールは世間話+たまに今度またお店に行くとメールするといった感じにしましょう。
相手をイラつかせる全然店に来ないので、嬢がイラついてきます。実際、こちらの意図は勘づかれ、「なんで休みの日にばっかりメールしてくるの?外で会う気ないし、お店に来る気ないならもう連絡してこないで」とか「お店に来ないなら関係切るよ?」とか言われるようになります。このようなことを言われだしたら良い傾向です。というより、これくらいは言われないとダメです。このあたりまでイラつかせたら次のステップに移りましょう。
電話で告白するそのあたりまできたら、最後、また電話をかけて、そして告白します。電話で話す機会をつくり、そこで次のような言葉を言われる。そこからです。嬢「なんでくるくる言いながらお店こないの?」客「……。いや、俺自分に自信ないからさ……どうせ通ったところで……」嬢「(笑)
何言ってんのよ。いいから来てよ」
彼氏いるんだっけ?嬢「いないよ。何?なりたいの?」客なりたいここまで決まれば、そうとう距離は縮まると思います。どうせ通ったところで……の後は何も言いませんでしたが、相手はその趣旨をわかっています。
「君を口説けるとは思えない」という言葉があったことを。これは間接的に、相手を極上の女だと褒めているので、嬢も喜んでしまうわけです。
ポイントは、店に来てと言われたら、彼氏の有無を聞くこと。いつ来るの?いつなら来れるの?とか言われた後に彼氏の有無を聞いても大丈夫です。こうすることで私の彼氏になりたいの?的な言葉を引き出すことができます。そうしたらなりたいと告白をすここで例えば彼氏がいるとかあんたは無理とか言われても、付き合いたいとか告白してしまっていいです。彼氏がいたとしても、ここまできたら口説いてしまいましょう。ちなみに、第3回会話で、1回目の来店時に彼氏の有無を聞けと言いましたよね。1回目で聞かずに、この時にいきなり聞くより、1回目にさぐりのような感じで一度聞き、この時に再度聞く方が良いと言えるので、そのように言ったのです。
また、この一連の会話ですが、「嬢からの誘いには一切のらず、毎週、休日に電話(メール)をする」があってこそ、だということも理解してください。毎週電話をする、電話をしてあげることは、好意の積み重ねであり、それが誠意や熱意として相手に伝わるのです。行動あっての告白なので、例えば、お店に行った後、1週間以内にこの一連の会話をしても全く効果がありません。最低でも「嬢からの誘いには一切のらず、毎週、休日に電話(メール)をする」を1ヶ月は続けましょう。これが決まれば、嬢はあなたのことをかなり意識しますので、後は、またお店に行って頑張ってください。
複数対複数と1対、キャバクラには、複数で行くときと、1人で行くときがあると思います。

  • エッチするためにそんなに時間をふける必要はない
  • 女子高生風俗嬢を家
  • デリヘル嬢は乳首をキュッとつまむ

ヴァギナ全体を下からアヌス側

ここではそのときにおける、とるべき行動の違い·注意点を説明します。男性複数でキャバクラに行くと、おそらく同人数か、少し少ない人数の嬢がつきます。そのときに、かわいい嬢とあまりかわいくない嬢が席につくこともありますが、かわいい嬢ばかりに話しかけてはいけません。第2回の「ボディタッチをしてはいけない理由」でも書きましたが、嬢の環境に対して気を遣ってあげるべきです。あなたがかわいい嬢ばかりに話しかけている時、そのかわいい嬢はあなたに対して、「他の子にもちゃんと話しかけてあ|げて」
と思っているはずです。かわいい子だけでなく、あまりかわいくない子にも話を振ってあげたりしましょう。また、男性同士でかわいい嬢の取りあいになる可能性もあります。そうなってしまったら、仲間同士気まずいですし、その取りあいの様子を嬢達に見られたら、悪い印象を与えてしまいます。複数で来店した場合は嬢の選別だけしておき、気に入った嬢の名前はしっかり覚えておく。そして、次回に1人で来店した時に指名して、1対1の時に口説けば良いです。

日会い編今まで私は、マニュアルしか書いたことがなかったので、今回、キャバクラでの体験談を小説風に書いてみようと思い、挑戦してみました。稚拙な文章ではありますが、お読みいただければ幸いです。

おねだりドリンクに垣間見たもの

2005年7月28日、19時過ぎ。私は新橋にいた。今日は、これから生まれて初めてのキャバクラに行く。キャバクラといえば新宿や池袋がメッカだが、ネットでいろいろお店を調べたところ、サービス料金がかなり高い。それに私の家からはやや遠いのだ。キャストの質は落ちると思うが、一応都内で料金もお得、そんな理由で新橋に決めた。
新橋駅からやや離れたエリアには、キャバクラが密集というほどでもないが複数点在している。
それほど迷うこともなく、目的としていたお店に到着。店内は特別変わったところはなかったが、かなり広いスペースで、インテリアはシックな感じ。居心地は悪くなさそうボーイさんに案内され席につく。いよいよ、キャバ嬢の登場である。1人目の嬢は、派手でもなく地味でもない、黒髪で控えめのドレス。それほど美人でもなく、新橋ならこんなもんかな、と思った。席につき、自己紹介を終えると、ドリンク頼んでいいですか?と言ってきた。この時は、おねだりドリンクシステムのことはさほど警戒しておらず、とりあえずOKしてしまった。そして、最初に「こういうお店よく来るんですか?」と言われた。なんとも定番な話だ(笑)この時が初めてだったので初めてだよと答えたが、信じてはいなかっただろう。
風俗に通う客は当然太った女の子が大好きなので食べ物を差し入れすることが多いのです

巨乳を見ながら言
巨乳を見ながら言

ペニスバンド錦糸町には風俗嬢

まぁ別に構わないが…この女性にはいろいろなお店に行ってそうと言われ、さらに女遊びをしていそうとも言われた。前者と後者ではかなりニュアンスが違うが、後者を言われると私はけっこう嬉しい。以前、渋谷のハチ公前でナンパをした時も遊んでそうと言われたことがあり、今回で2回目だった。私は顔や髪は派手でもないが、理由はおそらく服装だろう。今回も前回も同じジャケットを着ていたのだ。白黒の迷彩柄で、当時はかなり気に入っていたのだが、今は派手で着るのは恥ずかしい。
2人目の女の子は、ちょっとキツネっぽい顔の女の子だ。そして、声がやや高い。美人とは言えないが、男受けは良さそうで、本人もいくらかそれを自覚していそうだった。そして、前の嬢に続き彼女もドリンクを頼んできて、断りづらくまたOKしてしまった……。その後、普段は何をして遊んでいるかなど、他愛のない話をして、その子は席を立った。そしてまた、新たな嬢がやって来た。3番目に登場した嬢は、かなり恰幅が良い女性だった。この嬢は、おそらく自分に引け目を感じていたのだろう………ドリンクをねだってこなかったのだ。私のようになかなかドリンクを断れない客もいるわけだし、この態度にはかなり好感をもった。ここのお店に関しては、私は1回で行くのをやめてしまったが、通うことになった場合は、このような女性をだんだんと好きになるのではないかと思っている。
今のところ、私は女性向けの本は書いていない。ただ、どのような女性がモテるかについては、よくわかっているつもりだし、自信がある。女性がモテるために必要なことは、今のような行為、一言で言えば謙虚であることだ。私は過去に、その謙虚さに惹かれ、とても好きになってしまった女性がいる。
長くなるので詳しくは語らないが、いずれ、女性向けの本も書いてみたいと思っている。話を戻すが、この日はこの女性で終わりではなく、合計4人の女性がついた。最後になる4人目の女の子だが、この子は説明しやすい、完全にギャルだ。肌も少し焼いてある。2016年現在は、日焼けギャルはほとんどいないのだが、当時はめずらしくもなかったのだ。髪は盛ってあり、派手目のドレス。キャバ嬢と聞いて多くの人がイメージする風貌である。この子も最初、2番目の嬢と同様にドリンクを頼んできて、ここでもOKしてしまった。会話は他愛のないことを話して終わった。

それをしてはいけない

2007年9月3日、20時過ぎ。私は新橋にいた。今日は、最近このあたりにできたコスプレキャバクラに行くのだ。お店に到着し、入店、女の子の接客を受ける。
2番目についた女の子がそこそこかわいかった。ややおとなしそうで、コスプレやアニメが好きとのこと。天然っぽく、たまに挙動不審になるところが見ていて微笑ましく、かわいらしい。会話もかなり盛りあがっていたと思う。楽しい時間は過ぎて行き、その良い感じのまま時間は終了。アドレスもしっかり交換済みだ。その日以降、メールで連絡をとるようになり、やりとりも順調と言える。彼女はお店、それからプライベートでもコスプレをするらしく、そのコスプレしている自分の写真をたまに添付して送ってくる。けっこうなナルシストなのかもしれないが、かわいらしいではないか。しかし、送られてきたメールをよく見ると、あることに気が付いた。メールの宛先のCC欄に、他のメールアドレスが記載してあるのだ。そう、間違いなく別の客のアドレスだ。送る人間を間違えるのならまだしもCCって……。彼女はガチで天然なのか。

ペニスがはっきりとアリスの尻に当たるのがわかった勃起する

まぁ、とにかく、それをしてはいけない。

君は遠くに行ってしまった

2007年10月5日、20時過ぎ。今日はこれから、とあるキャバクラ店に行く。事前にネットでいろいろ調べたところ、ここはかなりの人気店で、某匿名掲示板にもスレッドが建っている。なんとなく優良店であることは伺えるのだが、ホームページを見ると、キャストに関して、名前が載ってあるだけで、写真は一切掲載されていない。そんなこと、お店に聞いたところで「うちはかわいい子はいませんよ」などと言うわけもないし、某匿名掲示板で彼らに聞いても、金払って確かめてこいと突き放されたり「こんなとこブスしかいねえよwww」とふざけられてしまう。まぁ百聞は一見にしかずだし、行ってみるしかないか。目的のお店があるビルの前に着いた。看板を確認して、中に入って行く。お店は4階にあり、階段とエレベーター、どちらも使えるようになっている。エレベーターで行った場合、扉が開いたらすぐ入口、という構造になっていたら面倒だし、様子を見たかったので、階段で行くことにした。
キャバクラのあるビルの階段と聞くと狭いものをイメージするかもしれないが、ここのビルの階段はかなり広い。横幅が2メートル以上あり、踊り場もある。学校と同じような感じだ。階段をあがり、目的のお店があるフロアに到着。廊下に面して小酒落た木のドアがあり、店名も書いてある。場所はここで間違いない。ひょっとしたら、店の前にキャストの写真が貼ってあるかと思ったのだが、それもない。これだけ判断材料が少ないと、一歩を踏み出す気にならないのだが……。もしかしたら誰か出てくるかもしれないと思い、階段を半階ほどあがり、4階と5階の間の踊り場で待機することにした。しばらく待っていると、ドアが開き、女の子と客、数人が出てきたではないか。お、どれどれ……、嬢を確認してみるとかわいい子がいる。その後も様子を見ていたが、女の子のルックスのレベルは間違いなく高い。
そして、20分くらい経った頃、またドアが開いて、女の子3人、客3人が出てきた。私はその3人の嬢のうちの1人に目が釘付けになってしまった。彼女は薄いピンクのナース服を着ており、やや小柄。髪は少し巻いてある。顔は説明しづらい。特に似ている芸能人はいないが、かわいさと色気の両方を兼ね備えていて、とても魅力的だ。3人の女の子はエレベーターの前でありがとうございましたとお辞儀をした。エレベーターのドアが閉まると、彼女たちは顔をあげ、再びお店に戻る。

風俗嬢に愛撫してあげてください

今がチャンスだ。私はすばやく彼女に近づき、すいませんと声をかけた。|彼女が振り返る。名前なんていうんですか?私が聞くとNっていいます、彼女が答えた。2007年10月12日、20時過ぎ。私はとあるキャバクラ店に来ていた。お目当ての嬢は、前回声をかけたNちゃんだ。ここに来るのは2回目だが、実際に入るのは初めてだった。ドアを開け、店内に入ると、ボーイさんが出てきて指名を聞かれた。Nさんでお願いしますと言い、店の中へ案内される。金曜日の夜ということもあり、店内は随分と混み合っていた。
人の騒ぎ声にカラオケ。
熱気が溢れていて、閑散としていた外の廊下やビルの周辺とは対象的だ。
そんな中、空いている席に通され、座った。テーブルは小さめで、席の間隔は狭い。周りを見渡すと、様々なコスプレをしている嬢がいて、見ていて楽しい。かなり際どい衣装の子もいて、中には半ケツが見えている子もいる。程なくして、ボーイさんに連れられてNちゃんがやってきた。この前はナースのコスプレだったが、今回は……チャイナ服だっただろうか。よく覚えていない。というのも、彼女は大きめのファーを纏っていたからだ。ナースも良かったが今回の衣装もまたいい。
「あ、この前声かけてくれた……」彼女が言い、あぁ、うんと私は答えた。話してみると、けっこう我が道をいくタイプの女の子だった。好きな芸能人を聞くと、あまり興味がないと言っていたが、逆に興味がありそうな気もした。実際これだけかわいいのだし……。
他にいろいろ話をしてみると、彼女の両親は離婚してしまったらしく、親権はお父さんにあったらしい。自身でももちろん使うだろうが、稼いだお金の一部を毎月お父さんに仕送りしているとのこと。うーん、いい子ではないか。そして、時間がきて、私は家に帰った。彼女とは会っていない時にもメールでやりとりをした。|彼女は猫が好きで、私も好きだった。私が猫カフェに行った時の写真を送ってみると、反応は良い。他にもメールで、一人暮らしの話などをした。その後、2回ほどお店に行き彼女を指名したのだが、結局、それ以降そのお店に行くことはなかった。
私の生活にも変化が生じてきて、キャバクラに行くどころではなくなってきてしまったのだ。そこのお店は、キャバクラにしては料金は安めだが、それでもけっこうかかる。そして、Nちゃんと連絡をとることもなくなってしまった。連絡が途絶えてから半年くらいだろうか。久しぶりに某匿名掲示板のスレッドを見に行ったら、「Nちゃんがソープ嬢になった」との書き込みがあった。そのソープランドのURLが貼ってあったので、見に行ってみると、トップページにデカデカと載っていた。

奴隷プレイになっていると思ったんだろう
奴隷プレイになっていると思ったんだろう

勃起促進剤の副作用

間違いない。これはNちゃんだ。びっくりしながらも、新人ながらもう特別扱いとはさすがだな、と思ってしまった。他のコメントを見てみると、彼女はスタイルもかなり良いらしい。私が通っていた時は、体のラインが見えづらいコスプレをしていたので気が付かなかった。あのルックスでスタイルも良いなら、正直、私も抱きたいと思った。キャバクラ嬢がソーブ嬢になるという話は、フィクションや噂話で聞いたことがあったのだが、実際に自分が通っていた嬢がなると、やはり衝撃を受けるものだ。
当時、某匿名掲示板のスレッドはその話題で騒然としていた。嘘か本当かわからないが、そのキャバクラ店の客がそのソープランドに行くのはNGで、行っても彼女に断られるとのトリA本当なのか?そもそもどうやってチェックするのだ。モニターがあるわけでもないし、会わないとわからないだろう。会ってから断るのも気まずいと思うのだが。それ以前に、キャバクラ時代の客が誰か、そのソープランドに行くのだろうかと思った。誰も行かないのではないか。いや、俺は行きたい……。13時過ぎ。私は上野駅にいた今日はこれから、とある有名店に行く。初めての訪問で、指名するのはそのお店のナンバーワンソーブ嬢·Eちゃんである。
実は、ソープランドに行くのはこの時が初めてだった。電話で予約をしたところ、駅の近くまで送迎の車で迎えに来てくれるとのこと。お店によっては自分で歩いて行かなくてはいけないところもあるらしいが、ここはかなりの有名店で、そこはしっかり車に乗り込み、10分ほどでお店に到着した。カウンターでEちゃんを予約したことを伝え、待合室に通される。来て良かったのかどうか、思うところはあったが……もう帰るわけにもいかない。そのお店の在籍嬢が載っているアルバムを見始めて、しばらくすると、名前を呼ばれた。いよいよ、お目当ての嬢と対面だ。
「奥へ進むと、前面だけ開いたボックスのようなものがあり、カーテンが遮っているのだが、脚は見える。目の前にEちゃんがいる。本日のお相手となるEさんです」ボーイがカーテンを開けた。しかし、中には誰もいなかった。脚が見えていたはずだが……何かがおかしい。これは、寝ている。私はベッドで寝ていた。いつもの朝だった。
準備編一回|情報の入手法まず、風俗店の情報をどのように入手したら良いのか、説明します。


風俗に通う客は当然太った女の子が大好きなので食べ物を差し入れすることが多いのです 風俗に通う客は当然太った女の子が大好きなので食べ物を差し入れすることが多いのです くぐもった声がかわ