ポイントとしてはブレイ前とプレイ後

その海綿体に血液が送り込まれることによって勃起しますシンボル

アリサアリサが私のポケットにカードを入れたのだ。たぶん、いくつに見える?と言いながら身を乗り出してきたときだろう。そういえば、あの時、服に何かが触れたような気がした。あの子、私と同じことしてる私も車の中で、同乗したコンパニオンに自分の連絡先を書いたメモを渡したことがある。それから彼女と私は付き合うことになった。女同士で付き合うことに違和感はなかった。セックスも楽しかった。
女の体は神秘的ですべてが性器だった。男が女に溺れるのも無理はないと思った。
「アリサはどうしたいんだろう?私と付き合いたいのかしら?」アリサの形のいいおっばいを思い出した。みたい……。そんな夢想に浸っていると、体の芯が熱くなってきた。触ってみたい。採みほぐしてみたい。乳首を口に含み、舌で弄んで立たせて私は居ても立ってもいられなくなり、カードに書いてある番号に電話アリサ?をかけた。あっえりかよ。カードありがとうちょっと待ってカタン、カタン、スタン、スタンという音がした。アリサ?ちょっと待ってあなた、どこにいるの?「ネカフェ。
今、広いところに出た。話せる」うん隣のボックスで奴隷が寝てる奴隷?映子は「アリサは人がギョッとすることをする」と言っていたが、これには私もギョッとした。奴隷って、なに?「ネカフェに一人で行くの怖いから、呼び出したの。彼は奴隷だからすぐ来た」彼?ボーイフレンド?奴隷は奴隷よ「まあいいわ。で、あなた、これからどうするの?」
「あと1時間くらいで始発だから、それで帰るつもり」奴隷は?「わからない。寝てたら置いてく」結局、アリサは始発で私の家に来ることになった。
目が覚めると、時計の針は2時を指していた。カーテンは開いていて、窓の外には青空が広がっていた。キッチンの方からジャー、ジャー、ジャーというプライパンで何かを妙める音が聞こえた。
「そうだ。アリサだ。アリサがうちに泊まったんだ」というか、もう朝だったが、私は駅までアリサを迎えに行き、アリサを家に連れてきたのだ。そして、二人で缶ビールとワインを飲み、私はアリサのおしゃべりを聞きながら寝てしまったのだ。
私はキッチンに行った。そこにはモンローシャツを着たアリサがいた。おはよう、アリサえりか、おはよう。もうすぐごはん、できるよ。ほうれん草とシーチキンのパスタ。和風味。あ、ありがとう「ごはんは私が作るって約束したからね。あとサラダも作る」私、約束は守るんだ慣れた手つきでサラダを作るアリサを見ながら、私は寝る前に二人で話したことを思い出した。缶ビールがなくなり、ワインの栓を抜いたときだった。
「えりかは、付き合っている人、いるの?」私はドキっとした。来た、と思ったのだ。少し前の私なら、こう答えていただろう。
「いないよ。私、男には興味ないんだ」と。方法で何人かの女の子と関係をもってきた。

セックスから遠ざご執心の様で過去風俗嬢の写真のどが、このときはそうしなかった。といっても、アリサが気に入らなかったからではない。すぎたからだ。容姿だけではない。無邪気な性格も可愛かった。こう言って同性愛をほのめかし、誘いやすくしていたと思う。実際、私はこのむしろ逆だ。アリサが可愛いそれで、私は怖くなったのだ。
「この子と付き合うようになったら、私はこの子の虜になる。この子に振り回される」無邪気な女の子には、そういう力があるのだ。私もそうやって何人もの男を虜にしてきたからよく知っている。だから、無邪気に笑うアリサに怖いものを感じたのだ。奴隷という言葉が頭に浮かんだ。
アリサはこうやって男を奴隷にしているのかもしれない。それで私はこう答えた。
「付き合っている人はいないよ。でも、好きな人はいる」好きな人はいる、と言うことで防波堤を作ったのだ。アリサが私の心の中に入ってこないように。が、アリサにショックを受けた様子はなかった。むしろ、私が恋をしていることを知って喜んでいるようだった。えりか、好きな人いるんだなに、ヘん?「へんじゃないよ。素敵なことだと思う」
「そうかな。でも、難しい関係なの」不倫?
そんなところ何やってる人?普通に働いている人だよもしかして、会社の人^上司とか違う何歳?ええと、引歳えりかは年上好きなの?「うん、まあ、年上のほうが落ち着くかな。安心できるというか」
「安心?それが一番大切なの?」矢継ぎ早に質問が飛んできた。
「その人、この部屋に来たりするの?」来ないよ映子の言う通りだ。アリサはしつこく聞いてくる。
「じゃあ、私が来ても邪魔にはならないよね。これからもちょくちょく来ていい?」
ん?ここで私は質問を遮った。頭が混乱してきたのだ。うちに来るのはかまわない。でも、この子はうちに来て何がしたいのだろう。
「アリサ、はっきり聞いておくけど、あなた、同性愛者なの?」
私にはアリサが何を求めているのかわからなかった。それで、こう聞いた。違う。全然違うアリサは大きく首を振った。えりかとレズりたいとか、そういうんじゃないの「私、ヘんな子かもしれないけど、そっちのほうは思いつきりストレー
トだから」じゃあ、なんで?ワンクッション置きたいのワンクッション?「今、大学の近くで一人暮らししてるんだけど、コンチのバイトの後、どうしても家に帰りたくないときがあるの。どこかに寄ってワンクッション置きたくなる。でも、ネットカフェだと落ち着けない。それで、どこかそういうところがあればって思っていたの。いつでもフラッといけるところ」アリサのこの気持ちはよくわかった。私にもそういうことがあるからだ。娼婦から普通の女に切り替わるのは簡単なことではない。時間は必要だし、アリサの言う通り、ワンクッション置きたほうがいい。
「いつでも遊びに行ける友だちとかいればいいんだけど、私にはいない。男に言えば、大喜びで、いいよ、来いよって言う襲われるに決まってるし」と思うけど、アリサの気持ちはわかるよ好きでもない男の家になんて行きたくない。

 

デリヘル嬢は乳首をペロリと舐めてき

本当?
じゃあ、お願い
「でも、私、昼は会社に行っているし、コンチの仕事が入っている日は遅くなる。私が留守のときはどうするの?」
「変則的なルームシェアと思ってくれるといい」ルームシェア?「このソファー、ソファーベッドだよね。倒すとベッドになるやっ」うん「私はここで寝る。これで十分。寝室には入らない」......家賃も払う家賃はいいよ洗濯もする。えりかがいるときは、ごはんも作る。約束する。私、約束は絶対じゃあ、に守るから家事の負担が減るのは大歓迎だった。休日はいつもそれに追われていたからだ。家賃よりもこっちのほうがありがたい。トイレ掃除とかお風呂掃除とか、もちろん、生活空間に他人が入ってくることに抵抗がなかったわけではないが、アリサは毎日来るわけではない。
「いいよ。ルームシェア、やってみよう」やったー「アリサはいろいろ約束してくれたけど、私は何を約束すればいい?」
「そうね。親のことは聞かないでほしい。別にまずいことがあるわけじゃないんだけど、説明するのが面倒くさくて」わかった。あとは?そうだな、一つあるかななに?「これはお互い様だと思うけど、コンチに入ったわけは聞かないでほしい」
「わかった。あとは?」もうない「そう。じゃ、これで契約成立ね。アリサ、よろしく」うんこうしてアリサと私の変則的なルームシェアは始まった。
アリサはちょくちょくうちに来た。コンチのバイトの後だけでなく、私が会社に行っている昼間もうちで過ごしているようだった。
一人でいるときは本を読んでいるようで、アリサがアリサの陣地と呼んでいるソファーの横には本が積まれ、それが日に日に高くなっていった。アリサと私の生活はすれ違いが多かったが、二人で食事をすることも少なくなかった。私が会社から帰るとタ食が用意してあるのだが、アリサの料理は品数が多く、どれも手が込んでいた。
「こんなにいろいろ作ってくれて、時間かかったでしょう」
「うん。私、妥協ができない性格だから」たしかにアリサにはそういうところがある。料理だけでなく掃除も手を抜かない。何をするにしても徹底しているのだ。おかげで私の部屋は見違えるほどきれいになった。アリサはかなりのおしゃべり好きで、二人でいるときは、いつもいろんな話をしてくれた。アリサは美大生で、専攻は油絵。パリに行きたいというのは本当のようで、フランス語の教室にも通っているようだった。両親の話はしなかった。が、おじいさんの話はしてくれた。彼女のおじいさんも画家で、アリサが美大に進んだのもおじいさんの影響のようだった。
「おじいちゃんは浮気性で、浪費家で、どうしょうもない人。でも、絵はすごい値段で売れる。天才なんだと思う」おじいさんはその世界では巨匠の一人らしい。
「でも、今はもう絵は描いてない。滋賀県で陶芸やってる。
風俗嬢のお尻をねだ陶芸って粘土をこねこねするでしょう。あれがボケ防止になるんだって」友だちは少ない、というか、いないみたいだった。クラスメートや一緒に創作活動をしている仲間は話に出てきたが、アリサは友だちとは思っていないようで、映画にも旅行にも一人で行くと言っていた。私は奴隷の存在が気になっていたのだが、それについてはこう言っていた。
「コクられたんだけど、私、その子のことなんとも思ってなかったから断った。そしたら、友だちになってくれって言うんで、友だちはいらない、でも、奴隷なら欲しいって言ったら、じゃあ、奴隷になるって言うから奴隷にしてやった」
コンチの話もした。藤原さんのこととか、映子のこととか。アリサは人をよく見ている子で、「藤原のおじさん、肝臓悪いみたいね。たまに黄色い顔をしてる」とか、「映子は好きな人がいるんだと思うよ。最近、明るい色の服が増えたから」などと教えてくれた。
「そうなんだ。全然気づかなかった。アリサって、観察眼、鋭いね」と言うと、「絵描きはみんなそう。見ないと描けないS」知ペた。
「客の話もした。こんな客がいる、とか、こんなことがあった、とか。アリサは客を、眉毛の太いやつ、とか、鼻息の荒」メタボ野郎などと呼んだ。が、一人だけ、名前が出てくる客がいた。ゼネコンの営業部長だという。ゴンちゃんという客だ。本名は権田陽介。歳はアリサより二回り年上の的歳で、「0年前、キャバ嬢と不倫して奥さんに逃げられたんだって」
「築如年のオンボロマンションの4階に住んでるんだけど、エレベータがしょっちゅう止まって大変なんだって」
「料理は得意で、カレーは市販のルーとか使わないで自分でスパイスをブレンドするんだって」アリサはよくそんな話をした。楽しげに。そんなアリサを見て、「もしかして、アリサはゴンちゃんが好きなの?」と思った。が、私がそう言うと、アリサは大きくかぶりを振って否定した。
「それはない。不倫する男はダメ。私、裏切りは絶対に許さないから」たしかにアリサはそういう子だ。不正を許さない。白と黒がはっきりしていて、中間がない。ダメなものはダメ、とすそこがキツイと思うこともあったが、アリサの言うことは正論なので、納得するしかなかった。に、アリサはウソをつかないし、約束は必ず守る。だから、多少キツイと思うことがあっても文句は言えなかった。ぐに切って捨てる。それそれで、私もはじめはそう思っていた。て、私のアリサに対する見方は変わった。アリサはけっして問題児ではなかった。むしろ、映子はアリサを問題児と言っていた。が、一緒に時間を過ごすようになっその反対で、優等生タイブの活習慣も考え方もしっかりしていて、将来のこともきちんと考えていた。勉すごく真面目な子だった。青任感が強く、生強や創作活動も手を抜かずにやっているようだった。
「アリサはえらいな。私とは大違い」私はしょっちゅうそう思った。が、同時に謎は深まった。

    1. クリトリスを立たせましょう
    1. 処女·童貞を卒業す
    1. 下半身だけ見れば

風俗に連れられていくときに興味はないけど行くこともたびたびあるかと思います

謎とは、アリサがコンチに入った理由だ。不正を許さない真面目な子が、なぜコンチのような売春クラブでコンパニオンをやっているのか。アリサを知れば知るほど、わからなくなったのだ。アリサのおじいさんはお金持ちらしいので、経済的な理由ではないようだった。遊び好きというわけでもないし、友だちがいるわけでもない。変な性癖があるようにも思えなかった。悪い普通、こういう子は娼婦にならない。なんで?何があったの?頭の中で、はてなマークが駆け巡った。たんなる好奇心でそう思ったわけではない。娼婦になった理由を知れば、もっといい関係がつくれる。そう思ったのだ。
知りたいと思った。もっと深くアリサのことが理解できる。そうすれば、
だけど、聞けなかった。ルームシェアを始める時に、聞かないと約束したからだ。私が約束を破ったら、アリサは激怒するだろう。だから、「きっと、私には想像もつかない理由があるのだろう」と思うしかなかった。
えりかも話して一緒にいるとき、アリサはよくそう言った。それで、私もいろんな話をした。学生時代のことや、今、会社でやっている仕事の話もした。が、アリサが求めているのは好きな人の話、つまり、工藤の話だった。
「彼とはコンチで出会ったの。お客さんだった。でも、ただの客ではなく、特別な存在だった」私がそう言った時、アリサは目を丸くして驚いていた。
そういうことってあるんだ悩んだよ。まともな出会いじゃないから。間違った出会い方をしてしまった。違う形で出会いたかったって何度も思っ間違った出会い……「でも、前、映子がチラっと言っていたけど、お客さんと特別な関係になってコンチを辞める子って少なくないらしいよ」工藤の話をするのは楽しかった。というか、工藤の話を聞いてくれる相手ができてうれしかった。誰にも言えず、胸の中にしまっていたから。
もちろん、藤原さんや映子にも相談はできたと思う。だけど、私はしなかった。ニオンとドライバーでは立場が違うからだ。その点、関心を持ってくれたのはうれしかった。
「えりかは、工藤さんのこと、本当に好きなんだね」二人ともコンチの仲間だけど、コンパアリサは私と同じ。だから、アリサには話せたし、アリサが工藤に「そうみたい。朝、会社に行く電車の中では自分の星座と彼の星座の占いを見る。いいことが書いてない日は、いいことが書いてあるのを探す」
「いつも電車の中でそんなことをしてるんだ」
「彼のツイッターも見る。イベントのお知らせとか、そんなことしか書いてないけど」
恥ずかしめや肉体的

クリトリスを挟むぜ

「彼の会社のホームページも毎日見る。でも、会社案内のページを開いて、取締役工藤雅彦って名前を見るだけ」そんなことして、楽しいの?「楽しくなんてないよ。でも、彼の名前を見ると落ち着く。ほんの一瞬だけど」こんな話をした。自分でもバカバカしいと思うようなこともアリサは面白がって聞いてくれた。工藤の話をすれば工藤の話をするのが楽しかったのは、はじめだけだった。だんだん私は苦しくなってきた。工藤への想いが抑えられなくなっていくからだ。私は開けてはいけない箱を開けてしまったのだと思った。
だけど、するほど、会えばいいじゃんダメ。できないなんで?「会ったら、よけい忘れられなくなる。よけい苦しくなる」忘れたいの?「忘れたいよ。忘れて、楽になりたいよ」ツイッターとか見なければいいじゃんじゃあ、「ダメ。
見ちゃう。気かつくと見てる」......「バカみたいでしょ。私、バカなんだと思う」
「そう思う。でも、バカじゃない人なんていないと思う。人間って、みんなどこかバカなのよ」
アリサと私の生活は上手くいっていた。幸せな時間は長くは続かなかった。アリサは私の家を気に入っていたし、私もアリサと過ごす時間を楽しんでいた。が、ある問題がぶち壊してしまったのだ。二人でDVDの映画を観ていた時だった。私がワインの栓を抜こうとするとアリサがこう言ったのだ。ダメ。えりか、飲み過ぎ「昨日も一人で飲んだでしょう。空き瓶が転がっていたからわかった」うん、ちょっと「ちょっとじゃない。えりかは一日一本、ワインを空けている。
もう飲んじゃダメ。飲んべえになっちゃうよ」ある問題とはこれである。私には、お酒には強いという自信があった。これまで、酔って乱れるということがなかったからだ。男と二人で飲みに行っても、いつも私が酔う前に男の方がつぶれる。普通の恋愛ができないのは、これが原因だとも思っている。
だけど、飲んべえではけっしてなかった。私にとってお酒は、会社の飲み会とか、友だちと会う時とか、か、そういう特別な日に飲むものだった。が、アリサがうちに来るようになってから変わった。アリサがいる時は二人でワインを飲み、アリサがいない夜も一人で飲むようになった。お酒が日常化してしまったのだ。デートの時と私が飲んべえになった原因はわかっている。アルコールで頭をボヤッとさせないと眠れないようになってしまったのだ。
「このままじゃあ、アル中になっちゃう」工藤への想いだ。工藤のことを考えると、お酒を飲まずにいられなくなる。自分でもそう思っていた。お酒はやめる。工藤のツイッターも見ない。何度もそう決めた。だけど、翌日にはまた同じことを繰り返していた。えりか、もうお酒はやめて...体、壊すよわかった。気をつける「ダメ。やめると約束して。えりかがお酒をやめないなら、私、もう来ない」私はしぶしぶ約束した。だけど、ダメだった。私はすでにアル中になっていたのだ。


風俗嬢の写真のど 風俗で働くのを容認 マンコごしに精液