風俗で下着を引き剥まとめて脱がせた固チンチンと手を私

射精士も許す女性

初対面の人と会うと緊張する。嫌われないように、引かれないようにといろいろ気を遣う。それで、いつもクタクタになる。だけど、この日の私は全然緊張しなかった。男の前では普通言わないようなこともズケズケ言えた。マー君が年下だかマー君が優しそうだったから?私が緊張しなかったのは、これがゲームだからだた。
私とマー君はデートをした。ただの遊び。だから、私は緊張しなかったのだと思う。私はこう考えた。コンチに来る客も同じかもしれないと。あの人たちが高いお金を払って女を買うのは、その方が気楽いや、違う。そういう問題ではない。だけど、本当のデートではなかった。あくまでもゲームだ。だから。お金で女を買うのは、気を遣うのが面倒くさいから。もしかしたら男が買っているのは女の体ではなく、リラックスできる時間なのかもしれない。そんなことを考えていたとき、桂木からメールが来た。
「今日はありがとうございました。当店のサービスはいかがでしたでしょうか。感想などお聞かせいただければ幸いです。また、当店には150人のホストが在籍しております。これからもよろしくお願いいたします」私はすぐに返事を書いた。
「マー君は素敵な青年でした。ぜひ、また会いたいと思います。それで、一つ相談があります。ホストをホテルに誘いたいときは、どうすればいいのでしょうか?」0分後、桂木から返信が届いた。メールありがとうございます。マー君を気に入っていただけたようで、安心しました。さて、ホテルの件ですが、事前に私におっしゃっていただければ、お客様はホストには何も言わなくてけっこうです。
私からホストに伝え、お客様の希望のタイミングでホストがホテルにお誘いするようにいたします。ただ、ホテルデートの場合は3時間のコースを最短コースとしているホストもいますし、射精に関しては1回までとしているホストもいます。
ホストにも体力の問題等ありますので、ご理解くださいますようお願いいたします。また、ホテル代はお客様のご負担となります。マー君に関しては、やはり3時間から、射精も1回までとなります私はすぐに返事を書いた。
「ご丁寧な説明、ありがとうございます。3時間と1回の件は了解しました。次の木曜日の夜、予約を取りたいのですが、大丈夫でしょうか?20時から3時間。食事は済ませていきますので、バーで小一時間、お酒を飲みながらお話しをして、その後、ホテルに誘ってほしいです」0分後、桂木から返事が来た。ご予約、ありがとうございます。○月〇H(木曜日)、2時から3時間のコースでご予約を承りました。ホテルお誘いの件も了解いたしました。プレイの内容についてリクエストはありませんでしょうか?なんなりとお申し付けください。バイブ、ローターなども各種取り揃えておりますので、ご希望の品がありましたらお申し付けください。
なお、プレイの内容ですが、当店では女王様プレイをおすすめしております。女王様プレイは、ひと言でいうと、ホストに奉仕をさせるコースです。具体的には、お客様にはソファー、椅子、あるいはベッドの端に座っていただき、お客様の足下に脆いたホストが足の先から順にお口でご奉仕いたします。ホストはお客様のOKが出るまで挿入をいたしませんので、心ゆくまでオーラルセックスが楽しめます。はバイアグラ等のED治療薬楽を服用していますので、お客様が挿入をお求めのときは、すぐに応じることができます。また、ホスト勃起させるためのフェラチオ等はいっさい不要です。女王様プレイは女性に負担がなく、たいへん人気のあるコースですので、しょうか?

デリヘル嬢なら爪デリ嬢の乳首の薄い小豆色っぽいのがアクセントになっているお試しいただければと思いますが、いかがで私はすぐに返事を書いた。
「こう言われると、女王様ブレイをお願いするしかないですねが、シャワーは別々でお願いします。一人でないと落ち着きませんので」すぐに桂木から返事が来た。(笑)。女王様でお願いします。一つ、リクエストなのです「かしこまりました。シャワーの件、マー君にお伝えします。では、前日の2時から7時の間にご予約の最終確認のお電話をお願いします。椿様が楽しいお時間を過ごせますよう、お祈りしております」
ベッドの端に腰をかけていた。には、木曜日の夜、マー君がセットしてくれたイージーリスニングの音楽が流れていた。
私は新宿のホテルの一室にいた。体にバスタオルを巻いて、部屋の中シャワーの音が止まり、バスルームのドアが開く音がした。しばらくすると、バスタオルを腰に巻いたマー君が現れた。肌がツヤツヤしていた。服を着ているときは気づかなかったが、意外とがっしりした体をしていた。お腹も引き締まっていた。普段、中年男の体ばかり見ているので、グラか何かを飲んだのだろう。
「愛ちゃん、明かり、落とすよ。大丈夫?」引き締まったウエストが新鮮だった。股間はすでに膨らんでいた。バイアうんどう、暗くない?「もうちょっと明るいほうがいいかな」
このくらい?うん、OK愛ちゃん、さっきも言ったけど、また会えてすごくうれしい。指名してくれてありがとう。心を込めてサービスするからマー君はそう言うと、ちょっと触れるだけの軽いキスだった。そのキスが足首、すね、膝を通って太股に達した。した。そして、土下座をするような格好で、私の左足の甲にキスをした。唇がそこでディープなキスに変化私の足下に脆いた。そして、ディーブなキスが今度は下に下がり、足の甲まで戻った。次は右足だった。マー君は左足にしたことと同じことをした。セックスの前戯というよりも、唇でマッサージをされているという感じだった。右足が終わると、マー君の口はまた左足に帰ってきた。
そして、今度は足の指を本一本、フェラチオをするように口に含み、指と指の間に舌を入れた。私はあっと声を上げた。ヘんな匂いがしていたらどうしよう、と思ったのだ。そんなことしないでいいよと言おうと思った。でも、やめた。こんなことは他ではしてもらえない。私は目を閉じて、足の指に意識を集中した。細い糸のような繊細な快感が体を走った。これまで眠っていた神経が動き「出したような感じだった。気がつくと、私の肌はうっすらと汗を浮かべていた。私は客だ。遠慮することはない。そう思ったのだ。マー君がそう言った。奥のほうからジンジンする」少しかすれた声で、ジンジンする。
「指と指の間って、気持ちがいいよね。さあ、手を出して」

 

盗撮するという破廉恥事件を起こし電車内で取り押さえ

うんマー君は私の左手をとると、親指から順に一本一本、口に含み、指と指の間に舌を入れた。ああ、力が抜ける「いいよ、リラックスして」こんなプレイが30分くらい続いた。小さな波が何度も私を襲った。私のあそこはすっかり熱くなり、愛液でびしょびしょになった。早く郡めて欲しい。汁を全部吸って欲しい。そう思ったらもう止まらない。私はマー君の肩に足を乗せ、紙めてとせがんだ。マー君はうんと言い、私の両脚を持ち上げ、私の股間に顔を沈めた。
この日はマー君の口で三回いった。これまでも口でいかされたことは何度もあるが、三回も続けていったのははじめてだった。といっても、マー君の舌技が特別だったというわけではない。三回いけたのは、私が口でいかされることに抵抗しなかったからだ。普通は違う。一度いけば、「これ以上、こんなことをさせてはいけない」という気持ちになる。そういう制動が働く。が、この日はそうならなかった。私はもっともっととおねだりした。
「やめちゃダメ。私が気絶するまで続けて」と。桂木は「心ゆくまでオーラルセックスが楽しめます」と言っていたが、いいと思ったのははじめてだった。挿入も私の望む通りにしてもらった。その通りだった。
オーラルセックスがこんなにもっとゆっくりもっと激しくもっと深く今度は後ろからおっぱいも採んでなどと私は次々と注文をつけた。
「私はなんて自分本位のセックスをしているんだろう」セックスに、こんなに注文をつけたのははじめてだった。快感に身を委ねながら、私はそう思った。
「私はマー君の気持ちなど何も考えていない。自分のことしか考えていない。これじゃあ、マー君をオナニーの道具に使っているのと同じ」
だけど、自分を抑えることができなかった。セックスをしているからだろう。たまには自分本位のセックスをして、自分を取り戻す必要があったのだ。私はこんな自分本位のセックスがしたかったのだ。いつもお客様本位のマー君は私の注文にすべて応えてくれた。嫌な顔ひとつせず、私の言いなりになってくれた。私はそんなマー君に感動した。これこそ私が求めていたセックスなんだ。私はこういう男を求めていたんだ。そう思ったら涙が溢れてきた。

私のホスト遊びはそれからも続いた。週に一度はマー君とホテルに行った。

マー君との関係は、私の生活にいい影響を及ぼした。会社でも、いろんな人から最近、元気だね表情が明るくなったねなどと言われ、少しギクシャクしていた人間関係も上手く回るようになった。
それともたまたまなのか分からない任されていたプロジェクトでもいい結果が出せた。夜の仕事、つまりコンチでの仕事も好調だった。指名客が増えて、私のスケジュール帳は2か月先まで埋まった。それだけでも刺激的なものだマー君との関係は、私にとって理想の関係だった。年下の男の子と付き合うというのは、が、マー君はプロのホストなので、年下の男の子と付き合うときの面倒くささがない。こんな都合のいい年下の男の子は他にいない。セックスに関してもそうだ。私はすっかり女王様プレイにはまっていた。自分本位のセックスに。だけど、これは相手がプロのホストだからできること。
こんなセックスをいつもいつも許してくれる男は他にはいない。だから、私はマー君とのデートを続けた。私はこの関係に夢中になっていた。だけど、夢中になっていたのは私だけで、マー君はそうではなかった。ある日、こう言われたのだ。
「指名してくれるのはうれしいけど、無理しないでね」と。たしかにマー君と会うにはお金がかかる。3時間のコースでも指名料込みで2万8000円とホテル代。それでマー君は心配してくれたのだ。私にとって2万8000円はたいした額ではなかった。ユンチでその何倍も稼いでいるからだ。だけど、娼婦をやっていることなど知らない。普通のOLだと思っている。だから、派手にお金を使う私を見て不安になったのだマー君は私がマー君が私のことを心配してくれるのはうれしかった。
だけど、私の気持ちは複雑だった。
無理しないでねと言われてから、私はそんなことを考えるようになっそれとも、私にとって工藤がそうであったように、マー君は私のことをどう思っているのだろう。た。マー君は私をただの客としか見てないのか。マー君にとって私は特別な存在なのか。ただの客としか見てないのなら、私のことを心配するはずはない。バンバンお金を使わせるはずだ。それがプロのホストだ。在なら、プライベートで会おうと言ってくれるはずだ。しかし、そんなことを言われたことは一度もない。ならば、ぱりただの客でしかないのか。が、マー君は私のことを心配してくれている。では、ただの客ではないのか。しかし、ただの客とは違う特別な存やっそんなことに思い悩む日々が続いた。
「この問題にはケリを付けなければならない。そうしないと私はおかしくなる」私はそう思った。そして、工藤のことを思い出した。あの人もこんな風に悩んでいたのかもしれないと。
工藤と私はポール·マッカートニーのコンサートに二人で行った。その日はその後、二人でお酒を飲んだ。が、そのまま別れた。ホテルには行かずに。工藤はずっとそのことの意味を考えていたのかもしれない。工藤が私をホテルに誘っていたら、私は着いて行ったと思う。だけど、工藤は誘わなかった。誘って断られるのが怖かったのか?あの日、なぜだろう?それとも、二人の関係が深まるのを恐れたのか?工藤の話をフアミレスでしたとき、藤原さんはこう言っていた。
「歳をとると、先が見えるようになるんだ。人生は同じことの繰り返しだからね」工藤はそうだったのかもしれない。先が見えたのかもしれない。だから、工藤は別れを決意した。だけど、私の人生経験は浅い。私とマー君の関係がこれからどうなるのか、私にはまったく見えなかった。

    1. 射精された精液が子宮に運ばれる通り道です
    1. 人妻で元デリ嬢ってのは初めての経験だし悪くないけどそれ以前
    1. プレイに入るシステムを売り物にしているところが多いですとほぼ同義語アナル

勃起不全の薬であって

それが私を不安にさせた。

マー君が私をただの客としか思っていないのなら、この関係は終わりにしょう。しかし、マー君が私を特別な存在と

思っているのなら、私は娼婦をしていることを告白し、その上で交際を申し込もう。私はそう決めた。そうするべきだと思った。このままあいまいな関係を続けるよりも、はっきりさせたほうがいいと思ったのだ。だけど、きっかけがなかった。だから、何も言い出せなかった。私とマー君の関係は表面的には上手くいっていた。だから、その関係に波風を立てるようことは言えなかったのだ。それで、私はきっかけを求めた。
すると、待っていたかのようにきっかけがやってきた。桂木から次のメールが来たのだ。いつもブルースカイをご利用いただき、誠にありがとうございます。今回は3P特別割引キャンペーンのお知らせです。
「通常は3Pの場合、ホスト二人分の料金をいただいておりますが、○月〇日から○月○日の間、3Pの場合に限り、指名料を通常の7000円から5000円にいたします。二人分合計で4000円の割引となります。|3Pをお試しになるまたとないチャンスです。この機会をお見逃しないように。なお、キャンペーンの詳細につきましては、桂木までお問い合せください」3Pという言葉を見て、これだと思った。
それで、すぐに桂木に電話をかけた。
「椿です。キャンペーンのことで聞きたいんですけど」
「いつもありがとうございます。3Pキャンペーンのことですね」
「はい。そんなことができるなんて知らなかったんで」
「これまでご案内いたしませんで、申し訳ありませんでした。当店では、3Pはもちろん、4Pも5Pもお客様がお望望みならご用意いたします」そうだったんだ3Pをお試しされますかっご指名のホストは?「一人はマー君をお願いします。もう一人はどうしたらいいんでしょうか。他の人は知らないから」
「わかりました。まず、マー君の予定表からご予約の日時を決めていただけますか。その時間に空いているホストを何人かお知らせいたしますので、その中から選んでいただくというのはどうでしょう」
それでいいです「ホストの年齢等、リクエストはおありですか?」
「そうですね。できれば、マー君より年下がいいかな。マー君をメインにしたいんで」
「わかりました。では、ご予約をお待ちしております」マー君の予定表を見ると、次は金曜日の夜が空いていた。私はすぐに桂木にメールを送った。
「金曜日、0時から3時でお願いします」私が3Pに飛びついたのは、私とマー君の間に第三者を入れることで、が嫉妬するようなら脈あり。が、本当はそれだけでもなかった。
「二人の男の子に、片手ずつ、同時に指フェラされたら、どんな感じだろう」と。いつか3Pの女王様プレイをやってみたい。
私はずっとそう思っていた。
だから、マー君の本心が見えると思ったからだ。マー君マー君が平然としていたら脈なし。そう判断しようと思ったのだ。マー君に指フェラをしてもらっているとき、いつも私はこう思っていた。3Pという言葉を見て、いてもたってもいられなくなったのだ。0分後、桂木から電話があった。
「今、お電話よろしいでしょうか?」はい、大丈夫ですご予約ありがとうございます。それで、金曜日の夜に空いているホストを探したのですが、マー君より年下でこの時間に「空いているホストは一人しかいないんです。来週の金曜日でしたら、3人いるんですけど、いかがでしょうか?」
「できれば、今度の金曜日がいいんですけど、その人の写真を見て決めてもいいですか?」
「はい、もちろん、けっこうです。ただし、その場合も指名料はかかりますが、よろしいでしょうか?」はい、いいです「ありがとうございます。金曜日空いているホストはゴロー君です。2歳。マー君と同じW大学の学生です。ホームページに写真とプロフィールが掲載されていますので、ご覧ください」

金曜日、私はいつもホテルに行く前にマー君と待ち合わせをするバーで、

マー君とゴロー君と会った。店ではマー君は私の隣に座り、ゴロー君はマー君の前に座った。ゴロー君はいかにもテレているという感じだった。
桂木の話では、ゴロー君のホスト歴は3か月で、3Pの経験はなしとのことだった。爽やかな好青年タイプのマー君と比べると、ゴロー君は少しチャラい感じがした。髪は茶色に染めていて、ピアスもつけていた。だけど、話してみると全然違った。受け答えはしっかりしていて、考え方も真面目だった。高校時代は剣道部の主将で、髪を染めたのもビアスをつけるようになったのもホストをはじめてからだという。
「お店のファッションアドバイザーの人に、こうしたほうがいいって言われたんです。僕はファッションとか疎いほうなんで、今、勉強しています」ゴロー君はそう言った。マー君とは前からの知り合いのようで、ため口で話をしていた。
エッチになっちゃう

風俗店が取り扱う商品は女の子です

この日の3Pについて、桂木はこう言っていた。
「3Pはお金もかかりますから、ゴロー君が、今イチ、というときは、遠慮なくご連絡ください。一時間分の料金+指名料1万円でけっこうです。マー君にもそう言ってありますので」ゴロー君はマー君とはタイプが違う。だから、私が気に入るかどうか不安だったのだろう。でも、私はこの子でいいと思った。私と視線が合うのを避け、マー君に助けを求めるように話しかけるところが可愛かったから。私はテーブルの下でマー君の手をとり、手の平に指でOKと書いた。
マー君は私の手をとると、手の平にハートマークマー君とゴロー君がシャワーから出て来るのを待っていた。部屋の明かりあとはマー君が上手くやってくれるはずだ。
一時間後、私はホテルのベッドの端に座り、は落としてあった。プレイの内容は、桂木と打ち合わせ済み。シャワーの音が止まった。そして、しばらくするとバスルームのドアが開き、二人の男の子が現れた。二人ともタオル私が桂木にそう頼んだのだ。しかし、ゴロー君は全裸ではなく、アイマスクをつけていた。メインはあくまでもマー君でゴロー君はサブ、を腰に巻いていなかった。れも私が桂木に頼んだことだった。ゴロー君にアイマスクをさせたのは、ということをはっきりさせたかったからだ。マー君はアイマスクをしたゴロー君の手を引きながら私の前に来た。私の前に覧いた。そして、さ、ゴロー君、座ってと言った。
ゴロー君はマー君の言う通り、さあ、はじめるようんマー君はゴロー君の手をとり、私の足の甲に触れさせた。
女王様3Pプレイがはじまった。二人の男の子が私の前に脆き、私の足にキスをしている。二人の男の子の唇と舌が私の足の上を行ったり来たりしている。現実のこととは思えなかった。夢を見ているような気分だった。えも言えぬ快感が走った。いつもマー君は足への奉仕を0分は続ける。だけど、0分もかかるのは、片足ずつやるからで、3Pだと倍の速さで時間が進む。いつもは小さな波が小刻みに襲ってくるのだが、この日は激しい波が次々と襲ってきた。まるで、に浮かぶ筏に乗っているような感じだった。渓谷の激流あー、あーと私はすごい声をあげた。自分でも驚くような声だった。ゴロー君も驚いただろう。が、そんなことを気にしている余裕はなかった。大声を出さなければ、波に呑まれて消えてしまう。


デリ嬢の乳首の薄い小豆色っぽいのがアクセントになっている 
堀之内ソープ
 セックスは人生でも究極の経験だったと言えます