風俗嬢の写真のど

風俗店の経営者と電話口

が、私がそのことに気づいたのは、あの忌まわしい事件が起きた後だった。会社で残業をしてH時頃、家に帰ると玄関にアリサの靴があった。部屋は暗かった。ソファーでアリサが寝ているのがわかった。キッチンにメモが置いてあった。
「お疲れさま。ごはんは冷蔵庫。チンして食べて。ビールもあるよ。一本だけだよ」そのメモを見て、涙がこぼれそうになった。アリサはキツイことを言うが、優しい心の持ち主なのだ。私はビールをグラスに注ぎ、一気に飲んだ。生き返るような気がした。しかし、350ミリリットルの缶ビール一本では足りなかった。
私は、アリサがいなかったらこっそり飲もうと思って買ってきた、ウイスキーの小瓶をバッグから取り出した。ウイスキーを買うのははじめてだった。というか、飲んだこともなかった。なのに、ウイスキーを買ったのは、「なんだかんだ言っても、酒で一番美味しいのはウイスキーだ」と工藤が言っていたのを思い出したからだ。トクトクトクとグラスについだ。テーブルの上にアルコールの匂いが広がった。これがウイスキーか口に含むと体がカーッと熱くなった。新しい世界を知ったような気がした。工藤の世界に近づいたような気がした。私は何杯も何杯も飲んだ。工藤にもっと近づきたくて。一時間くらい、そうしていたと思う。そのうち、私はアリサの顔が見たくなった。それで、寝るソファーに近づいた。アリサはうちで寝るときは、被って寝る。寝心地がいいとは思えなかったが、アリサは気に入っているようだった。アリサは小さく寝息を立てて眠っていた。掛け布団は半分、床に落ちていた。
足音を偲ばせて、アリサのソファーの背を倒し、その上にマットとシーツを敷き、近所の量販店で買った羽毛布団を私は掛け布団を掛けてあげようと思った。が、そのとき、アリサのパジャマのボタンが外れていることに気がついた。ブラはしていない。白い、胸の谷間が見え胸が高鳴った。
「見たい。アリサの形のいいおっぱいが見たい」自分が抑えられなかった。私は息を止めてそっとパジャマをめくり上げた。アリサの乳首が露わになった。可愛い私はおっぱいに顔を近づけ、匂いをかいだ。
ミルクのような匂いがした。あそこも見たい昔、ある男に言われたことを思い出した。
「女のパンツを脱がすときは、お尻のほうからクルンと脱がすんだ。前から脱がそうとすると、お尻がひっかかって上手く
いかないから」私はアリサのパジャマとパンティのゴムに手を掛けた。そして、その手をお尻のほうに回して引き寄せた。そのとき、なに、やってるのアリサが私を見ていた。アリサの目には憎悪が溢れていた。人にそんな目で見られたのは初めてだった。いや、晩み付けていた。私の体は固まった。アリサのパンティに手を掛けたまま。アリサはそんな私を突き飛ばすように払い除けると、服をバッグに詰め、パジャマのまま家を出ていった。
それから三日間、私はひたすらアリサにメールを送った。
もちろん、謝罪のメールだ。私は心の底から謝った。本当に悪いことをしたと思っていた。そんなことをした自分が恥ずかしくてしかたがなかった。このままでは生きていけないと思った。だから、必死に謝った。だけど、アリサから返事は来なかった。が、四日目から状況は変わった。アリサの攻撃が始まったのだ。電話も通じなかった。着信拒否をされたのだ。強姦魔犯罪者人間のクズケダモノ死ねこういうメールがほぼ一時間おきに届いたメールが届く度に、包丁で内蔵をえぐられるような痛みを覚えた。

セックスは人生でも究極の経験だったと言えます

下半身を湯につけながらこれなら舌

死にたいそう思った。私はやってはいけないことをした。人として一線を越えてしまった。人の道から外れてしまった。私はクズだ、ゴミだ、そんなメールをアリサに送った。が、アリサが攻撃の手を緩めることはなかった。
「私があなたを殺さないのは、人殺しになりたくないから。自分で死んで。さっさと死んで。今すぐ死んで」もう生きてはいけない。死にたい、と。あなたが同じ地上にいると思うだけでむかつく。お酒のせいだ。みんなお酒が悪い。なかった。
「あなたはお酒のせいだというけど、そういうところが許せない。お酒が私をおかしくした。そう考えるしかなかった。が、アリサにこの理屈は通じ銃で人を撃ち殺した人が、『銃のせいだ。私のせいではない』と言っているようなもの。あなたは卑怯だ。卑劣な人間だ。やったことも許せないけど、この言い訳も許せない」アリサの言う通りだと思った。私は卑怯で卑劣な人間だ。こんな人間は死んだほうがいいのだろう、私には生きる資格などないのだろう。
私はそう思った。だけど、どうやって死んだらいいのかわからなかった。事件から一週間が過ぎたとき、アリサから次のメールが届いた。
「私は約束を守ってきた。なのに、あなたは信頼を裏切った。あなたは『こうなったのはすべて私の責任です。私の気持ちを踏みにじった。すべてをぶち壊した。どうしてくれるの?謝っても済まないことをしました』ってメールを送ってきたけど、どう責任を取るつもり?」私の腹は決まっていた。私はこう返事を書いた。
「あなたの奴隷になります。奴隷になることで罪を償いたいと思います」これは私の本心だった。強姦魔として生きるくらいなら、奴隷として生きたほうがましだと思ったのだ。一時間くらいして、アリサから返事が届いた。
「奴隷になるって本気?絶対無条件で私の言うことを聞くっ、私の命令なら、どんなことでもやる?」
「どんなことでもやります。その代わり、許してほしい」
「許せるかどうかはわからない。許すとは約束できない。それでもいい?」
「それでもいいです。私にイヤという資格はありません」こうして私はアリサの奴隷になった。

それから二日経った日の夜、

アリサからメールが来た。
「明日か明後日の夜、国分寺まで来られる?ウィークリーマンションの501号室」翌日、私は国分寺に向かった。不安はあった。奴隷としてアリサに会うのだから。だけど、期待もあった。許してもらえるという期待が。私の中には、二人で楽しく過ごした日々の記憶が残っている。アリサもそうに違いない。だから、会って、顔を見て話をすれば仲直りできると思ったのだ。だが、私のこの考えは甘かった。ウィークリーマンションで再会したアリサは、私の知っているアリサではなかった。アリサは別人になっていた。しにタバコをふかしては白い煙を吐き出していた。アリサがタバコを吸う姿を見たのははじめてだった。無邪気な笑顔は消え、氷のような顔をしていた。
眉間に険を立て、スパスパとひっきりなアリサにはメールで酷いことをたくさん言われた。だから、私は自分が被害者のような気分でいた。が、変わり果てたアリサを見て、誰が被害者なのかがよくわかった。
「すべて私のせいだ。私がアリサの笑顔を奪ったのだ。殺風景なウィークリーマンションの隅でスパスパとひっきりなしにタバコをふかすアリサを見て、私は自分の罪の重さ私はアリサを壊してしまったのだ」取り返しのつかないことをしてしまった。償おう。私はそう腹を決めた。えりか。冷蔵庫にビールがあるから、は、はい私は缶ビールとグラスをお盆に載せて、吸い殻でいっばいになった灰皿が置いてあるテーブルの上に置いた。

 

一度はトライしてみ

アリサは一生かけて償おう。それしかない持って来てグラスには目もくれず、缶を直接、口につけた。これも以前のアリサにはなかったことだ。
「アリサ、ここに泊まってるの?」
「そう。月極で借りた。はじめからこうすればよかった。強姦魔の家に転がりこんだ私がバカだった」T....何も言えなかった。少しでも仲直りを期待した私がバカだった。アリサはそんな甘い子ではない。
彼女の中には、楽しかった日々の思い出など残ってないのだろう。しょうがない。私がそれを台無しにしたのだから。無言の時間が過ぎた。
「私は何をすればいいのだろう。アリサはどうして、私を呼んだのだろう」そんなことを考えていると、ドアをノックする音が聞こえた。奴隷が来た青年が入ってきた。髪が長く、顔色が悪く、目のギョロッとした青年だ。この子がアリサの話していた奴隷なのだそこの椅子に座りな。
「青年は椅子に座った。私はベッドの上に座った。えりかはベッドの上」
マ、マダム、この女が……「そう。この女が強姦事件の犯人」そうか、こいつか青年は憎悪に満ちた目で私を見た。愛するマダムを汚した私が許せないのだろう。私はアリサだけでなく、この青年も傷つけてしまったのだ。青年は蛇のような目で私の全身に視線を這わせた。その目を見て、犯されると思った。この青年は私を強姦するために来たのだ。アリサが私を呼んだのは復讐をするためなのだ。私はそう思った。恐怖を感じた。が、逃げようとは思わなかった。それで少しでもアリサの気が晴れるのなら喜んで強姦されよう。私はそう思ったのだ。

「えりか、

あなた、私の言いなりになるって言ったよね」じゃあ、裸になって....やっぱり……。私はそう思った。裸になるのはイヤだった。当たり前だ。る、言いなりになると約束したのだから。約束を破ったら、罪がより重くなるだけだ。私はそう思い、一枚一枚、服を脱でも、私に拒否する権利はない。なんでもや「早くしろよ。全部、脱ぐんだよ」青年が荒々しくそう言った。はい私はブラを外し、パンティも脱いだ。オナニーをしてアリサがそう言った。
オナニーをするのよはい私はベッドに横になり、左手で胸をさすり、右手の中指をクリトリスに当てた。
「見えねえよ。もっと脚、開けよ」青年がそう言った。私は脚を開いた。青年はベッドに身を乗り出し、私の股間を凝視した。スーハー、スーハーという昇息が聞こえた。反射的に脚が閉じた。
「なにやってんだよ。脚、開けよ」と青年に言われ、私はまた脚を開いた。が、「休むなよ。ちゃんとオナニーしろよ」私は必死にクリトリスを刺激した。が、こんな状態でクリトリスをいじっても感じるわけがない。状態で青年が入ってきたら、が、このカラカラの私のヴァギナは裂ける。

風俗嬢の写真のど
人妻デリヘル嬢の夫のふがいなさを強調

自分の身体を愛撫

私はそれが怖かった。だから、早く濡れろ、早く濡れろと祈りながらクリトリスを刺激した。だけど、焦れば焦るほど乾いてくる。
「どうしたの?感じないの?普段通りすればいいのよ。いつも、工藤さんのことを思いながらしてるんでしょう?」アリサがそう言った。私はそうしようと思った。工藤のことを考えよう。工藤のことだけを考えよう。今はそうするしかない。私は目を閉じて、1、2、3と数えた。いつものように鹸の裏のスクリーンに工藤の顔が浮かんだ。ああ、工藤さん工藤の世界に私は入った。すると、体から力みが抜け、呼吸が楽になった。股関節が緩み、自然に脚が開いた。
の中から青年の存在は消え、それと入れ替わるように、工藤はいつも片方の手で私の肩を抱き、じっと私の顔を見つめながらクリトリスを刺激した。はじめはトントントン、私の頭工藤に指でイカされた時の記憶が難ってきた。トントントンと軽やかに。そして、クリトリスが固くなってくると、今度は指で円を描くようにグルーン、グルーンと撫でる。そしてまたトントントンに戻り、またグルーン、グルーンが来る。工藤はいつもそんな風に緩急をつけて、私を深い世界に誘った。乳首を弄ぶときもそうだった。激しく吸ったかと思うと優しく乳首の周りを郡める。そして、また激しく吸う。インサートの時もそうだった。
激しさと優しさが交互にやってきた。私はこの緩と急、強と弱、剛と柔の織り成すドラマが好きだった。
「強いだけではダメ。弱いだけでもダメ。人生には両方、必要なんだよ」そんな工藤の人生観が伝わってくるようだった。ああ、工藤さん私が感じてきたのを知り、興奮しているのだろう。ビクンと私の体が波を打った。|彼のペニスはすでに硬くなっているはずだ。青年の息づかいから、それがわかる。でも、私にはもうそんなことはどうでもよかった。私はエ藤のことだけを考えた。工藤のことだけを考えてオナニーをおおという青年の声が聞こえた。けた。
ビクン、とまた体が波を打った。そしてまたすぐに次のビクンが来た。そしてまたすぐに次のビクンが来た。ビクンとビクンの間隔はだんだん短くなり、二つか三つのビクンが一つに重なった時、私はエクスタシーに達した。

「おい、どうした?

なんでやめるんだ?」青年の声が聞こえた。が、私はグッタリして返事ができなかった。バカね。イッタのよアリサの声が聞こえた。あんた、ズボン脱ぎなおおカチャカチャというべルトを外す音が聞こえた。来る.……私はそう思ってギュッと目を閉じた。が、アリサは意外なことを言った。

いまは圭介の腕の中にいた愛撫

えりかは服を着て驚いて目を開けると、下半身を露わにした青年が立っていた。
「ど、どうしてだよ。マダム、何言ってるんだよ」途方に暮れたような顔をして。えりか、早く服を着てう、うん私はブラを付け、パンティをはいた。そして、ブラウスを着て、スカートをはいた。どういうことだよ?「おまえは出ていけ。このウソつき野郎」ええっ「おまえはこう言ったよな。私以外の女は目に入らない。私じゃなきゃダメだ。
私さえいれば何もいらないって。そう言ったよな」あ、ああ「じゃあ、なんで勃起してるんだよ」二度と私の前に現れるなおまえは私以外の女とやろうとした。
「おれは、おまえの言葉はウソだった。ウソつきには用はない。マダムのためにこの女を……」
「なんで、他の女とセックスすることが私のためになるんだ。おまえ、頭がおかしいのか」えりか、この男を叩き出してどうしたらいいのかわからなかった。だけど、とにかく、この男からアリサを守らなければと思った。だから、私はアリサの前に立ち、男を現んだ。男は呆然としていた。が、しばらくするとパンツとズボンをはき、「頭がおかしいのはおまえだろう。
キチガイ」と吐き捨てるように言って部屋から出て行った。鍵かけて。チェーンもアリサはそう言うと、ベッドの上に倒れ込み、枕に顔を理めた。ウ、ウ、ウという鳴咽が聞こえた。アリサの背中は震えていた。泣いているのだ。私は鍵をかけ、ベッドの横に椅子をもっていき、そこに座った。
アリサ、大丈夫?T....苦しそうに鳴咽を漏らすアリサを見て、子供の頃、入院しているおばあちゃんのお見舞いに行った時のことを思い出した。あの時もベッドの横の椅子に腰を掛けて、おばあちゃんは優しい人だった。だけど、母はおばあちやんを避けていた。一緒に病室に入っても、私を置いてすぐに出ていった。おばあちゃんのことをじっと見ていた。20歳を過ぎた頃には、私も母を避けるようになっていた。
私が母を避けるようになったのは、母の姿に自分の未来を見るような気がしたからだ。私は母とは違う人生を歩みた私にはそれが不思議だった。だけど、かった。だから、母から逃げた。
「えりかは、どうして逃げないの?」突然、アリサがそう言った。
「私はキチガイよ。何するかわからないよ」
「逃げないよ。みんな私のせいなんだから」えりかは強いねそんなことないよ。
「さっきは、工藤さんのこと、考えていたの?」私は弱い人間で、ダメな人間だよ。だから、あんなことをしてしまったうん「えりかは工藤さんが好きなんだね」
恋愛って楽しい?「わからない。私は辛い。でも、彼と出会わなかったら、もっとダメな人間になっていたと思う。

ポイントとしてはブレイ前とプレイ後

援交してしまうバツイチ熟女風俗嬢


昔の私だったらとっくに逃げてた。逃げて、行方不明になっていた。私、彼と出会って、少し成長したと思っている」
「アリサ、私、本当に償う。自分のしたことには責任をとる。だから、何でも言って」その時、ポンという音がした。アリサのスマホにメールが届いた音だ。アリサはスマホを手に取り、険しい顔でメールを読んだ。
さっきの子?権田さん?「そう。ねえ、えりか、私がコンチに入った理由、話していい?」

「私にコンチを教えてくれたのはモデルさん。

女性のヌードを描くとき、モデルさんを雇ったりするんだけど、そのモデルさんから聞いたの。少し前までそういうバイトをしてたって。はじめは嫌悪感しかなかった。その人のことを軽蔑した。堕落した女だと思った。だけど、ある日、これだ、と思った」の。それで、その人にコンチを紹介してもらった。私、恋愛できない体になりたかったのよ恋愛できない体?売春やってるって知ったら、男は引くでしょう。男は私を相手にしなくなる。私と付き合おうなんて思わなくなる。
「そう。コンチに入ったのは、そのため」どうして、そんなことを?私が弱い人間だからわかんない頭がおかしくなっ「私、弱いのよ。恋愛て、精神病院に入ることになる。ママがそうなの。ずっっと精神病院にいるの。だから、私もきっとそうなる。でも、男は絶対に浮気する。浮気しない男なんていない。
だから、恋愛できない女になろうと思った。そうすれば、裏切られる心して、その人のことが好きになって、その人に裏切られたら生きていけなくなる。配がないから。娼婦になることで、恋愛をする資格を捨てたのよ」.....私、娼婦ってみんなそうなのかと思ってた。恋愛を諦めた人がなるんだと思ってた。だから、えりかの話を聞いてすごく驚いた。娼婦なのに、恋愛しているから。
「娼婦になっても恋愛するんじゃ、はできない。コンチを辞めても、娼婦をやっていた過去は消せないから」アリサ……「ねえ、えりか。娼婦になった意味がない。失敗したと思った。バカなことをしたって。でも、後戻り私、裸になるから、えりかも裸になって」
えりかの肌で、私を温めてう、うんアリサはTシャツを脱ぎ捨て、ブラを外した。ジーンズも脱ぎ、パンティも脱いだ。私も裸になった。来て私はアリサの横に寝た。
「工藤さんが、あなたにしたことをして」うん私は右手をアリサの首の下に回し、アリサの右手を手に取った。
そして、左手でアリサの胸をさすった。彼と私の定位置これが、「こっちの手を抑えられたら、私、動けないよ。何もできない」
「何もしなくていいの。身を委ねるの」私はアリサの黒い髪にキスをした。
「工藤さんって、頭にキスするの?」
「うん、だから、彼と会う前の日は、いつも高いシャンプーを使ってた。でも、彼、気づかなかったみたい」ふーん次におでこにキスをして、鼻の頭にキスをして、れると、アリサも舌で応えてくれた。頬にキスをして、顎にキスをして、アリサの唇に唇を重ねた。舌を入「女のキスって、こんな感じなんだ」唇が薄くてつまらない?優しい気持ちになる。
「ううん。キスをすると男が優しくなる理由がわかった」アリサはそう言った。そうかもしれない。たしかに男はキスをすると優しくなる。私はアリサの舌を吸いながら、左手でアリサのクリトリスとその周囲をさすった。軽優しく、烏の羽でいたずらするように。アリサの体から力が抜けていくのがわかった。
「工藤さんって、優しい人なんだ」